お金持ちの道楽。

2015.12.15 Tuesday 13:24

再三鳴りやまない銀座の整形お爺さん店長からのデートのお誘い電話に「あの、もう電話しないで下さいますか?」と伝える。

断られた事が無いのか一瞬驚いていましたが、すぐに理解してくれ電話は無くなりました。

 

それと同時に青山クラブの永久会員鈴木さんから連絡があり久しぶりに会う事に。

 

近況報告をしあったついでに銀座のクラブで起きた事件も話してみました。

 

後日、鈴木さん、例の銀座のクラブに入会しようと面接したらしいのですがお断りされたらしいです。

(例え屈折してても)本当のお金持ち男性しか入会させない、というのは宣伝通りだったのかもしれません。

女性にはお勧めですが、私の様な凄惨なめに遭う覚悟もお忘れなく・・。

 

そんなある日何となく見つけた邦画を仕事をしながら垂れ流していると、画面からどこかで聞いた声が。

そこには整形お爺さん店長がピザ屋の店長役をしていました。

 

エンドロールの脚本製作者に彼の名前が出ていたのでお金を幾らか積んで出演したのだと思います。

 

そういえば脚本を書いてる、とも言っていましたが・・う〜ん、お金って凄いですね。改めて。

category:- | by:perfectfigure | - | -

200億円の女。

2015.12.06 Sunday 13:09

銀座のクラブOからのご紹介でお会いしてきました、福生にお住いの地主のお爺さん。

畑仕事から抜け出して来た様な泥だらけの恰好で「さすが福生だな〜」と私。

 

スーパーの角にあるマクドナルドに連れていかれ飲み物を飲み普通に会話。

 

次に何か決め手があったようでお爺さん、お気に入りらしい喫茶店に移動しながら「大体の女はマクドナルド連れて行った時点で態度が変わるから失格なんだよね」と。

 

やはり、テストされていたんだ・・。と分かってとても嫌な気分に。

 

その後も整形お爺さん店長の噂話や、情報収集をしてきて嫌悪感満載の私。

 

 

福生「月幾ら欲しいの?」

私「200万です」

福生「・・・君にその価値があるの?」

私「予知夢が見られますし、霊感もあります」(←そんなものはありません)

福生「この話は無かった事に」

私「あ、すみません、200万ではなく200億円でした」

 

以上の会話を整形お爺さん店長に伝えると笑ってくれたのですが、次に「じゃあ破談になったなら俺と付き合おう」と言われ「なんでそうなるの・・?」と呆れて電車に乗って帰宅。

 

疲れました〜。プチ四面楚歌。

 

でも200万とか200億円って、私面白いなぁ・・。

category:- | by:perfectfigure | - | -

銀座のクラブへ。

2015.12.05 Saturday 11:48

以前から気になっていた銀座の某クラブへ。

ここはホームページは安価なものの内容は「オーディションを受けると思って面接しに来てください」や「理想的な女性は夏目雅子、黒木メイサ、小雪・・」等、男女共にハードルを上げている事でためらっていたのですが、試しに面接に。

 

銀座の古い雑居ビルの中へ。ここには二店程他の交際クラブが入っていました。

 

面接をした方は80歳近いご老人だったのですが一目見た時に何か違和感を感じました。

何ていうか、美容整形をした人間全てに感じる違和感というか。

 

顔には一切のシミ・皺は無く、ポーカーフェイスとは違う表情筋の死滅というか。目も整形した様で直視する事に抵抗を感じました。タトゥーなのかペンシルで書かれている、地毛が一本もない眉毛。植毛まる出しの頭皮。

 

彼は美しさを維持する為なら美容整形も勧めるとの事で、恐らく自身も施術はしているのでしょう。

 

数分話をした後、その場で翌日のセッティングをしてくれましたが、その後にそのお爺さん店長からクリスマスホテル&ディナーに誘われました。

 

もし翌日のセッティングで良い方向に進んだら、その後にお爺さん店長とホテル&ディナーなんてお相手に失礼ですよね。

会員さんは高い入会金を払って女性と会うのに、そこの店長が特権を利用してお金と女性両方を手に入れようとするなんていささか疑問。

だったら店長も自分のお店に規定の入会金を払うべき・・なんて☆

 

ためらっている私に押しの一手の如く、過去の女性からもらった手紙を見せて来ました。

そこには振り込まれた大金への感謝。ベッドでの感動等。

 

最初の二行で面倒になって読むのを止めたのですが「俺と付き合うとこんな良い事があるよ」という意味だったのでしょうね。

 

抱きしめてきたり、キスをしようとされ、私は慌てて「明日のセッティングの方に申し訳ないので・・」とやんわり断りお店を出ました。

 

帰りに交通費として一万円を渡され、複雑な気持ちで明日に備えたのでした。

category:- | by:perfectfigure | - | -

クラブも会員も・・。

2015.11.30 Monday 11:21

佐々木さんからお金を頂く事もはばかられていたので、バイトをしながら夢を追っているつもりがしっかり体調崩してしまったんですね。

朝ゴミ出しの帰りにふわ〜っと倒れました。

 

佐々木さんからのデートのお誘いも、電車賃すら危うい状況でお断りするしかなく、その旨を伝えると「口座番号教えて!千円振り込むよ」と。

 

少し悩んだのですが、彼に1円でも何かされたら次の女性に私の悪口を言われるんだろうな・・と思いお断りしました。

 

「ベッドのシーツのお礼もしたいし、誕生日プレゼントのお礼もしたいし・・」と言われて、あぁ、私そんな事したんだ・・と上の空で思った後、なら次の女性に悪口言われる事は無いかな、と安心したと同時に彼と終わる事にしました。

 

ただ電話だと情が湧いて上手く伝えられそうになかったのでメールで。

 

「皆意味も無く俺から離れていく」と返事が。

 

「物事の意味は必ずあります。それに気付くか気付かないかで、貴方を大切に思ってくれる人間の数が変わります。ありがとうございました」とお返事。

 

中々勉強になった男性でしたが、心身共に疲れたのでクラブへ退会申請を出しました。

 

その後怪しいデートオークションサイト「コノコto I tai」へ勧誘され、クラブも愚かなら会員も・・って事なのかしら?と嘆息しました。

category:- | by:perfectfigure | - | -

毎週五人の女と。

2015.11.10 Tuesday 11:00

佐々木さんからはお手当も頂く事は無くなり、普通の恋人の様になっていました。

 

今までの彼とお付き合いしていた女性は皆「お金お金」だったので、私との自由恋愛の様な付き合いはとても嬉しそうでした。

 

私は「女はお金にしか興味無いわけじゃないよ」と教えてあげたかったのかもしれません。

 

佐々木さんはカクテルの名前をあまり知らず、私が「ディタモーニ」を頼もうとしたら「ディタモーニングよこせ」と店員さんに横柄に言いました。

それを聞いた店員さんはここぞとばかりに「ディタモーニですね」と一瞥して去って行った時、私は真っ赤になった佐々木さんに「知らないお酒はちゃんと聞いた方が良いですよ」と小声で言いました。

 

その後は色々店員さんに聞いていてホッとしました。

 

 

そんな彼には野望があります。

 

鈴木「月火水木金と、5人の女が自分の部屋で俺を待つようにしたいんだ。土日は俺がゴルフだから無理」

私「う〜ん、彼女達に相応の出費をすれば叶うんじゃないですか?」

鈴木「は!?金なんて出すわけねーだろ。金で来るような女はいらねぇ」

私「え、彼氏も作らず貴方だけを想って部屋で待つ女性を五人欲しいって事ですか?」

鈴木「うん!」

 

子供の様に元気に頷く、小さく小太りな彼を見て、私が去った後の彼の未来が少し心配になりました。

category:- | by:perfectfigure | - | -

無精子症の彼。

2015.11.05 Thursday 10:29

前回の成り上がり税理士事務所佐々木さんから頻繁にご連絡頂くので時間を作って会っていますが、今までで一番交際においてのタブーをする方でした。

例えば・・

●過去にお付き合いした女性の悪口を延々と話す。(幾ら貢がされたか、買ってあげたのに感謝がない、等)

●店員さんやタクシーの運転手さんへの態度が横柄。(これは後から注意しました)

●歯を磨きたがらない、お風呂が嫌い

 

今の男性はとても賢くて、むしろ女性といる時はあえて三割増しで周りのスタッフに丁寧にするというのに。一緒にいてとても恥ずかしかったですが、それ位自然に生きている方なんだな、と魅力へ変換。

 

佐々木さんはバツイチの無精子症で、前妻は子供が作れないと分かるとヤケになって買い物症候群になり、彼が驚く程の請求書を作っていたそうです。

これ以上一緒にいてもいい事は無いと判断し離婚したそうですが、男性にとって精子が機能しない事はとてつもない苦しみですよね。

 

過去には無精子症と知らない女性から妊娠・中絶費用を請求され、支払ったそうです。

 

無精子症である事を言えば簡単に決着がつくのにそれが言えなかった。男としての機能を果たせない身体だと言いたくなかったから嘘にお金を払ったんです。

 

必死に努力して成り上がり地位や名誉を得ても、自分よりうだつが上がらない男性に子供がいる。

 

佐々木さんの横暴で粗野で自暴自棄なのにどこか虚無的なものを感じたのは、そんな哀しさからだと思いました。

category:- | by:perfectfigure | - | -

VIPだ永久会員だと言われても。

2015.10.30 Friday 00:57

VIPとして紹介された表参道で会計事務所を経営している小さくて小太りな男性佐々木さん。

実際は埼玉県に会社があるのですが、東京で活躍したいそうです。

その倶楽部で二千万千払うとなれる永久会員の方でした。

 

その永久会員のシステム。意味のあるお金の使い方を知っている方には全く不毛に感じるでしょう。

 

まずお台場ベイコートに泊まれる権利。

宿泊費用は別途数万円取られるだけではなく、室内はゴテゴテした装飾品によってあまり広く無い面積が更に小さく見え息苦しい。通勤・移動に不便なお台場。結果、利用する度クラブへ空室状況を確認する手間も手伝って他のホテルになります。

二千万円使うなら都内・都内近郊の多種多様なホテルに滞在した方が賢明ですよね。

 

フェラーリ貸し出し。

(彼は自分の車だと言い張っていましたが)借りる時は都度クラブへ連絡する必要があります。24時間いつでも借りられるわけでもなく、財力のある筈の人間が高級車をレンタルする為にクラブへ電話する事に羞恥し利用出来ない人もいる様です。

今時高級車で歓喜する女性も少ないですしね。

 

永久に女性を無料で指名できる権利。

一つのクラブで二千万円分女性を指名し続ける男性が果たして何人いるのでしょうか?

 

税金対策としても勿体無い。税金対策の本を自費出版していますが、アマゾンレビューでも「子供でも知っている節約術をドヤ顔で書いている」等、凄い言われようでした。

 

恐らくクラブのヨイショに気分良くして後先考えずに永久会員になったのでしょう。

青山Pのスタッフに慶応出身者がいるとの事で同志感も芽生えたのでしょうね。

 

佐々木さんは慶応大学をバイトしながら汗水流して通っている時、高級車で女を乗せて通学している金持ちのボンボン達を見ながら「絶対俺はあいつらより高みを目指してやる」と心に誓ったそうです。

 

成り上がりの方はアグレッシブでガッツがあるのが魅力的ですが、先見の明は無いんですよね。

category:- | by:perfectfigure | - | -

青山の倶楽部へ。

2015.10.05 Monday 00:27

仕事も落ち着いて、また登録したい気持ちになったので青山の倶楽部へ。でも住所は六本木。

 

面接して下さった女性は少し威圧的な女性。でも笑うと庶民的な安心感があったので悪い子ではなさそう。服装がメキシコ人のようなポンチョを羽織っていたので、そう感じてしまったのかも?

 

先程の女性スタッフ「もっとハイクラスの男性をご紹介出来ますので、写真スタジオでもう一度撮り直して頂けませんか?」と帰りに連絡が。

 

翌日新宿のフォトスタジオで撮影。撮影費用は倶楽部負担だったの良心的だとは思いました。同時期に銀座Cや六本木Mで登録した知人は、写真代金負担したとうなだれていましたから。

 

スタジオ前で「必ず良い会員さんをご紹介できます」と仰って頂けたのは嬉しかったですね。

 

翌日「VIPを紹介いたします」とのメールが。

 

この倶楽部は新規の女性を一人の男性に勧めるので、ご紹介して頂いた男性と上手くいかなかった場合はどうなるのかな、と閑古鳥が鳴きそうで不安です。

category:- | by:perfectfigure | - | -

彼の事忘れられる。

2015.09.05 Saturday 00:16

前回の26歳年上の男性の影響で、他のセッティングもおざなりになってしまい、反省と自責の念から退会。

自分と会う為にお金を払っている男性に申し訳無さ過ぎる。それに今の私はお金を払ってまで会う程の価値は無いと思ったから。

 

フラットになる迄一般の男性達と触れ合ってみる。知人の女性が店長をしている立ち飲み屋。

 

一日いると色んな男性が来店してくる。

 

30歳に見える40歳の男性。

王子様みたいなんだけど笑うと歯茎が主張している男の子。

一杯のチューハイに何時間も居座る男性。

お勘定後が長い男性等々・・

 

店長の女の子が男性客に悪態をつく。ヘラヘラ笑う男性。私も久しぶりに大口開けて笑う。

 

高級なランチやディナーもいいけど、こういうのもきっと大切。

 

帰りに彼女と二人で大笑いしながら帰る途中、彼の事は忘れられるって自信がわいた。

category:- | by:perfectfigure | - | -

本気を上手く操作する。

2015.08.20 Thursday 23:51

基本的に惰性や複数の男性とお付き合いするのは嫌だったので、たった一人と出会ったら退会する心づもりでした。(もちろん男性は複数の女性とお会いしていても構いませんが☆)

ですがどうしても退会を決心する程「疑似恋愛感情」を抱く男性がおらず、宙ぶらりんな状態が続いていた時頂いた26歳年上の既婚男性とのセッティング。

 

疑似では無く本気の恋愛感情になってしまい、毎日彼の事が頭から離れませんでした。

会う度必ずブランドのバッグが入ったショップバッグを私に無言で差し出す。

会う度必ずポールスチュアートで一枚ドレスを買い、それを着てデートをするのが日課でした。

 

ブランドに興味無いわけではないのですが「ニューラインを持っている人が勝ち」というハイブランド好きあるあるに辟易していた私にはあまり良い餌付けではなかったみたいです。

 

どんなハイブランドをもらっても、妻帯者の彼を手に入れる事は出来ないんだ・・という悲しさ。毎日一緒にいる事が出来る余り、自由恋愛と思ってしまう危うさもありました。

 

ある日電話口から彼の18歳になる子供の声を聞いた時、現実を直視出来たというか、自分が後戻り出来ない場所に来かけていた事を悟り、お別れを伝えました。

 

先ほど携帯も解約して新しい番号にしてきました。

 

彼の番号は恐らく一生忘れないと思いますが、交際ルールを破りかけた私。上手くコントロール出来ない不甲斐ない自分を知れた良い出会いでした。

 

好きだけど好きじゃない。

 

どっちかに偏れば必ず失敗する。辛くなる。

それを操作出来ないうちは色んな意味で素敵な男性と琴線の触れ合う時間なんて作れる筈がないんですね・・。

category:- | by:perfectfigure | - | -